2015/10/17 Research target

    We have just modified our research targets, which will appear in the new WEB page of Tokyo TECH.  

[Paper accepted] on self-assembled monolayers (Collaboration with Hanyang Univ.)

Jeong H, Kang H, Han S, Park H, Han J, Hayashi T, Hara M, Noh J, Comparative Study for Displacement of Cyclohexanethiolate and Cyclohaxaneselenolate Self-Assembled Monolayers on Au(111) by Octanethiols. J. Nanosci. Nanotechnol., in print: 2015. Han S, Kang H, Park J B, Hayashi T, Hara M, Noh J, Formation and Structure of Self-Assembled Monolayers by Adsorption of Octaneselenocyanate on Au(111). J. Nanosci. Nanotechnol., in print: 2015. 上記2つの論文が受理されました。ハンヤン大学Jeageun Noh先生との共同研究です。林研究室は昇温脱離法(TDS)を用いた、分子脱離過程の分析、X線光電子分光法(XPS)を用いた分子吸着状態の解析を担当しました。

Paper accepted

Calixarene-Polymers via Simple Polymerization of t-Butylcalix[8]arenes (A8-type monomer) with Hexamethylenediisocyanate (B2-type monomer); Molecular Bunch of Grapes (Botryosin) Authors: Kudo, Hiroto; Shizuma, Motohiro; Kubo, Kosuke; Hayashi, Tomohiro just accepted in Chem Lett. 関西大学 化学生命工学部 工藤先生との共同研究です。かご形高分子が簡単な(1ポット)手法で合成ができる、という報告です。林研究室は光熱励振法を用いた、高分解能AFM観察を担当しました。

日本表面科学会 関東支部 第1回 市民講座

日本表面科学会 関東支部 第1回 市民講座は 盛況のうちに無事終了致しました。参加者の皆様、講師の柴田先生、山田先生、オーガナイザーの先生方、ご協力ありがとうございました。