Category: news

平成29年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)に採択されました

当研究室の研究提案が平成29年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)に採択されました。 研究課題名: マテリアルズインフォマティクスと実験の融合による階層的マルチスケールバイオ界面の解析と医療用バイオマテリアルの開発  戦 略 目 標:「多様な天然炭素資源を活用する革新的触媒の創製」、「情報デバイスの超低消費電力化や多機能 化の実現に向けた、素材技術・デバイス技術・ナノシステム最適化技術等の融合による革新的基盤 技術の創製」、「分野を超えたビッグデータ利活用により新たな知識や洞察を得るための革新的な情 報技術及びそれらを支える数理的手法の創出・高度化・体系化」、「環境・エネルギー材料や電子材料、健康・医療用材料に革新をもたらす分子の自在設計「分子技術」の構築」 研 究 領 域:「理論・実験・計算科学とデータ科学が連携・融合した先進的マテリアルズインフォマティクスのための基盤技術の構築」 研 究 総 括:常行 真司(東京大学 大学院理学系研究科 教授)

応用物理学会 受賞記念講演

廣原君が応用物理学会で講演奨励賞受賞記念講演を行いました。丁度、業績賞を受賞した大阪大 山下一郎先生に続く受賞講演で、多くの聴衆から質問コメントを頂き、その後の懇親会も大いに盛り上がりました。  

[paper accepted] Extremely stable Au-coated AFM probe

“Fabrication of mechanically stable Au-coatings on probes of atomic force microscopes for nano-mechanical and -optical measurements” by Ganchimeg Lkhamsuren; Masahito Mochizuki; Kasinan Suthiwanich; Tomohiro Hayashi has been accepted for publication in Thin Solid Films.

廣原周君が応用物理学会で「講演奨励賞」を受賞しました

廣原周君(発表時 修士2年)が第64回応用物理学会春季学術講演会(パシフィコ横浜)で発表した 講演番号:17a-F206-6 講演題目:材料表面上の吸着タンパク質の組成・構造分析 が講演奨励賞を受賞致しました!! 次回の福岡の学会で講演奨励賞受賞記念講演が予定されています。 A photo of the award winners