[受賞] 2020年度 工学教育賞受賞

林が2020年度 工学教育賞を受賞致しました。「異分野融合型PBLを基軸とするアントレプレナー人材育成プログラム」の業績で、PEECsの他の担当教員との共同受賞となりました。 日本工学教育協会 特別専門学習プログラム「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」により日本工学教育協会の第25回工学教育賞(業績部門)を受賞 山本直之、八木 透、林 智広、小倉俊一郎、中村信大、秦 猛志、那須 聖、倉科佑太、陳 馨玥のプログラム実施教員9名が、特別専門学習プログラム「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」において、日本工学教育協会より第25回工学教育賞(業績部門)を受賞しました。 ライフエンジニアリングコース、生命理工学、都市・環境学、イノベーション科学の各大学院コースの連携により設置された「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」は、異なる専門分野の大学院生からなる混成チームで,現場ニーズを把握したデザイン×ものつくり教育として、医療機関・地域行政・民間企業と連携した教育を実施し、スタートアップ企業や既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成を行っています。 TH received “Engineering Education Award” from Japanese Society for Engineering Education (JSEE).

招待講演 + 学会賞受賞

林が日本学術振興会 分子ナノテクノロジー分野において若手奨励賞を受賞しました。 分子アプタマー、分子認識プロセスの計測に関しての招待講演を行いました。 “生体分子が引き起こす特異的相互作用と抗付着性” 林智広, 日本学術振興会第174委員会, 2018年6月28日, 大阪大学中之島センター.

廣原周君が応用物理学会で「講演奨励賞」を受賞しました

廣原周君(発表時 修士2年)が第64回応用物理学会春季学術講演会(パシフィコ横浜)で発表した 講演番号:17a-F206-6 講演題目:材料表面上の吸着タンパク質の組成・構造分析 が講演奨励賞を受賞致しました!! 次回の福岡の学会で講演奨励賞受賞記念講演が予定されています。 A photo of the award winners

Masters’ defense

M2 students finished their defenses. Mr. Makoto Hirohara and Mr. Tatsuhiro “Kiyoshi” Maekawa won poster presentation and Denka awards, respectively. (廣原君、前川君がそれぞれ、優秀ポスター発表賞、電化賞を受賞致しました!)