News & Events

Lab trip 2018

2018/11/28-30@ちょうなん西小
Tutorial 1 3D design using Fusion 360 by Evan Angelo Quimada Mondarte
Tutorial 2 Practice of machine learning by Rudolf Jason Kwaria and Hiroyuki Tahara

ナノバイオ界面制御技術による機能性材料創成研究会での発表

生体親和性材料表面のプローブ顕微鏡による局所水和構造観察” 林智広
双性イオン型ペプチド単分子膜の抗付着性メカニズムに関する研究” 張嶺碩, 林智広

ナノバイオ界面制御技術による機能性材料創成研究会, 2018年11月27日, 九州大学 先導物質化学研究所.

情報機構セミナーでの講演

林が情報機構の企画セミナーで講師を勤めました。

11月26日 北トピアにて以下の講演を行いました。

バイオマテリアル(生体材料)表面の評価・解析と材料設計~生体適合性評価
・マテリアルズインフォマティクス活用等~



Papers on self-assembled monolayers accepted

Papers on self-assembled monolayers (SAMs) (collaboration with Prof. Jaeguen Noh@Hanyang Univ.)  have been accepted.

“Displacement Processes of 1-Adamanetanethiol Self-Assembled Monolayers on Au(111) by 1-Hexanethiol” Y. J. Son, S. Han, K. Yoshizawa, T. Hayashi, M. Hara, and J. Noh, J. Nanosci. Nanotechnol., 2018)

“Solvent Effect on the Formation of Octaneselenocyanate Self- Assembled Monolayers on Au(111)” S. Han, H. Park, J. W. Han, K. Yoshizawa, T. Hayashi, M. Hara, and J. Noh, J. Nanosci. Nanotechnol., 2018)


「科学実験ひろば」に参加

林研究室は川崎ラゾーナおよび東芝未来博物館で開催された、表面真空学会主催の「科学実験ひろば」のサポートに参加致しました。ボランティアの方々と一緒に500人を超える小学生・ご家族の皆様に、表面、真空、光に関する実験を見て頂きました。