CV of Tomohiro Hayashi

Affiliation
Department of Materials Science and Engineering, School of Materials and Chemical Technology, Tokyo Institute of Technology

Education and degrees
Ph.D.  May 2003, Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg, (University of Heidelberg), Germany (Dokterfater: Prof. Michael Grunze)

M.Sc. in Engineering, 2000, University of Tsukuba, Japan.

Bachelor:  Bachelor of Engineering 1997, Department of Physics and Applied Physics, Waseda University

Current and previous positions
2003-2006
Postdoctral Fellow:
Tokyo Institute of Technology
Guest Researcher, Local Spatio Temporal Lab in RIKEN

2006 Apr- 2007 May
Permanent Researcher
National Metrology Institute of Japan: NMIJ
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology: AIST

2007 June-2010 June
Assistant professor:
Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
Guest Researcher: Flucto-Order Functions Research Team, Advanced Science Institute, RIKEN

2010 July-Present
Associate professor:
Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
Guest Researcher:Flucto-Order Functions Researach Team, Advanced Science Institute, RIKEN

Distinctions, scholarships and awards
2006 High performance and contribution award (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)
2009 Outstanding Poster Award at M&BE SPM conference (JSAP)
2010 Innovative and challenging research award (Tokyo Institute of Technology)
2011 The Society of Polymer Science, Japan Asahi Chemical Award
2011 “Seeing at nanoscale” Poster Award

思い出の詰まった学位論文:

学士:「単結晶金属表面上の単分子膜窒化硼素の物性:表面フォノンと大気露出による変化」
早稲田大学 理工学部応用物理学科 大島研究室
指導教官:大島忠平 教授

修士:’Self-assembling phenomena of organic molecules on single crystal metal surfaces’ (英語)
旧物質工学工業技術研究所 分子工学部 界面制御研究室
(現産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 単一分子・界面技術グループ)
指導教官:野副尚一 教授

Ph. D:’Computer simulation of water near organic model surfaces: interfacial behavior and hydration forces’
Angewandte Physikalische Chemie ,Universitaet Heidelberg,
Doktorvater (Supervisor): Prof. Dr. Michael Grunze

研究費:

競争的研究資金:

1.文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 平成18年度-19年度
課題番号 1870042
課題名:「界面水分子のダイナミクス制御による高機能・高選択性を持つ生体適合性材料の構築」
3,600千円

2.文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 平成21-22年度
課題番号 21710103
課題名:「生体分子の認識能を利用した固体表面のナノスケール組成分析プローブ顕微鏡技術の開発」
4,550千円

3. 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 平成24-25年度
課題番号 24700449
課題名:「金属ナノ構造と光の相互作用を利用した生細胞―人工材料界面の分子プロセスの解析」
4,420千円

4. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成26-28年度
課題番号 26282118
課題名:「細胞―材料界面と細胞膜表面の分子プロセス解析に基づく新しいバイオマテリアルの創成」
5,200千円 (26年度)

5. 文部科学省 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金 平成28-30年度
課題名:「細胞―材料界面と細胞膜表面の分子プロセス解析に基づく新しいバイオマテリアルの創成」
10,300千円

6. 文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽) 平成29-31年度
課題名:「データ駆動的バイオマテリアル設計ストラテジーの開発」
5,000千円

財団からの助成金

平成24年度 (財)加藤科学振興会研究助成金 “金属ナノ構造内の自由電子と光の相互作用を利用した生細胞—人工材料界面における分子プロセスの解析技術の開発”

その他の助成:
2013 ASPIRE League Research Grant
2012-2013年 東京工業大学 ソリューション研究機構 企画プロジェクト「金型・切削器具の長寿命化—町工場の精密加工技術とナノテクの融合—」

その他の研究費・渡航費の獲得状況:
1.2006年 文部科学省 日米ナノテク若手研究者交流プログラム 日本側の研究者に選出。 米国主要ナノテク研究機関への渡航費など
2.2007年 東京工業大学 国際的共同プロジェクト支援プログラムに採択。スウェーデンQ-Sense社及びChalmers工科大学への渡航費など

受賞歴:
2006年度 独立行政法人 産業技術総合研究所 研究業務貢献賞
2007年 応用物理学会 有機バイオSPM研究会 最優秀ポスター発表賞
2008年 MRS Autumn Meeting Best Poster Award
2010年 東京工業大学 挑戦的研究賞
2011年 高分子学会 旭化成賞
2011年 “Seeing at nanoscale” Poster Award
2018年 日本学術振興会 第141委員会 若手研究者賞