Welcome

 

林研究室は東京工業大学の教育改革後(2016年4月から)
東京工業大学大学院 ライフエンジニアリングコース(材料系)
に属します。

研究室案内はこちら

研究室の設備・雰囲気を直に観ることができる良い機会ですので、いつでも興味のある方は是非いらしてください。入試に関する質問にもお答え致します。

研究室を志望する方は東京工業大学大学院 ライフエンジニアリングコース (材料系 C群)の情報を参照してください。

日本語の研究室紹介はこちらです。

林研究室のメンバーの大部分は全国の大学、高専出身者で構成されております。入学に関する情報、大学院入試対策など、是非研究室にいらして、教員・学生にお問い合わせください。


Exploring biointerfaces with our original analytical techniques

Our research targets are
1. Development of new experimental approaches to investigate various surfaces & interfaces
2. Understanding of molecular processes at biointerfaces
(interfaces between artificial surfaces and cells (or biomolecules). Starting from the elucidation of fundamental interfacial phenomena, we propose their applications in industrial fields.

We are a team of people from various fields and nationalities with various scientific backgrounds and pursue the state-of-the-art research in this interdisciplinary field.

We always welcome foreign students from abroad.

If you have interests in working with us as a master or PhD student, please contact Tomohiro Hayashi (hayashi.t.al[@]m.titech.ac.jp) (please remove [])

Department of Materials Science and Engineering
School of Materials and Chemical Technology

also TH belongs to

Course of Human Centered Science and Biomedical Engineering 
Tokyo Institute of Technology

 

Recent News

研究紹介

本研究室の抗付着性単分子膜に関する研究がサーフモッズ株式会社の製品ページ(ProChimia製品)で紹介されました。

Papers on self-assembled monolayers accepted

Papers on self-assembled monolayers (SAMs) (collaboration with Prof. Jaeguen Noh@Hanyang Univ.)  have been accepted.

“Displacement Processes of 1-Adamanetanethiol Self-Assembled Monolayers on Au(111) by 1-Hexanethiol” Y. J. Son, S. Han, K. Yoshizawa, T. Hayashi, M. Hara, and J. Noh, J. Nanosci. Nanotechnol., 2018)

“Solvent Effect on the Formation of Octaneselenocyanate Self- Assembled Monolayers on Au(111)” S. Han, H. Park, J. W. Han, K. Yoshizawa, T. Hayashi, M. Hara, and J. Noh, J. Nanosci. Nanotechnol., 2018)


「科学実験ひろば」に参加

林研究室は川崎ラゾーナおよび東芝未来博物館で開催された、表面真空学会主催の「科学実験ひろば」のサポートに参加致しました。ボランティアの方々と一緒に500人を超える小学生・ご家族の皆様に、表面、真空、光に関する実験を見て頂きました。

Evan gave 2 presentations in a row

1 “Ultrafast monitoring of the streptavidin-biotin bond dynamics”
E. A. Mondarte, T. Maekawa, T. Nyu, H. Tahara, and T. Hayashi, 19th International Microscopy Congress, 2018年9月10日, International Convention Centre, Sydney.

2 “Detection of intermediate transient states of the streptavidin-biotin bond by atomic force microscopy”
 E. A. Q. Mondarte, H. Tahara, T. Nyu, T. Maekawa, and T. Hayashi1, 第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年9月19日, 名古屋国際会議場、名古屋.


[招待講演] JASIS 2018

林が以下の内容で招待講演を行いました。

バイオデバイス・バイオ材料の表面設計~プローブ顕微鏡を用いた解析からデータ科学を利用した材料設計へ

林智広

日本顕微鏡学会走査型プローブ顕微鏡分科会, 2018年9月7日, 幕張メッセ.