Welcome

Scanning Probe Microscopy & Biointerface Lab

hayashi2010

林研究室は東京工業大学の教育改革後(2016年4月から)
東京工業大学大学院 ライフエンジニアリングコース(材料系)
に属します。

研究室案内はこちら

研究室の設備・雰囲気を直に観ることができる良い機会ですので、いつでも興味のある方は是非いらしてください。入試に関する質問にもお答え致します。

研究室を志望する方は東京工業大学大学院 ライフエンジニアリングコース (材料系 C群)の情報を参照してください。

日本語の研究室紹介はこちらです。

林研究室のメンバーの大部分は全国の大学、高専出身者で構成されております。入学に関する情報、大学院入試対策など、是非研究室にいらして、教員・学生にお問い合わせください。

We always welcome foreign students from abroad.
If you are interested in working with us, please contact TH (hayashi.t.al(at)m.titech.ac.jp) (please replace (at) with @).

 

Exploring biointerfaces with our original analytical techniques

Our research targets are
1. Development of new experimental approaches to investigate various surfaces & interfaces
2. Understanding of molecular processes at biointerfaces
(interfaces between artificial surfaces and cells (or biomolecules). Starting from the elucidation of fundamental interfacial phenomena, we propose their applications in industrial fields.

We are a team of people from various fields and nationalities with various scientific backgrounds and pursue the state-of-the-art research in this interdisciplinary field.

If you have interests in working with us as a master or PhD student, please contact Tomohiro Hayashi (hayashi[@]echem.titech.ac.jp) (please remove [])

Department of Materials Science and Engineering
School of Materials and Chemical Technology

also TH belongs to

Course of Human Centered Science and Biomedical Engineering


Tokyo Institute of Technology

Recent News

[review article] Water near bioinert self-assembled monolayers

研究室メンバーの最近の成果をまとめた総説がPolymer Journalに受理されました。

Water near bioinert self-assembled monolayers

Ryongsok Chang, Syifa Asatyas, Ganchimeg Lkhamsuren, Makoto Hirohara, Evan Angelo Quimada Mondarte, Kasinan Suthiwanich, Taito Sekine and Tomohiro Hayashi

Abstract
For a long time, water has been speculated to play an essential role in interactions of proteins and cells with artificial biocompatible materials. The question here is how water molecules at the interfaces affect the adsorption of proteins and adhesion of cells. To answer this question, we introduce recent works to investigate the interfacial behavior of water near self-assembled monolayers (SAMs) by different types of analytical techniques. By combining these findings, we discuss how interfacial water affects protein- and cell-resistance of various bioinert SAMs.

「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」が開講します。

2018年度 4月、すずかけ台キャンパスで「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」が開講します。

現代社会では,将来を牽引する新規産業創出に向けたイノベーションを活性化するため,大学シーズを基にしたスタートアップ企業の創出や既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成が強く求められています. 本プログラムでは,複数の実践的なPBL演習,アクティブラーニング,MOT教育等により創造性,問題設定力,課題解決力,チームワーク力,ビジネスマインド,事業化方法論,起業家精神,事業化手法等が修得できます.

林はStanford大学のスキームを基にした”デザイン思考”に関する講義、ワークショップを担当します。

[書籍] 田原君、Jason、張君がインフォマティクスを用いた材料設計に関しての記事を発表しました

田原君、Jason、張君、林がインフォマティクスを用いた材料設計に関しての記事を発表しました。

第8節 マテリアルズ・インフォマティクスを用いたバイオマテリアルの設計の現状と今後の展開
1.バイオマテリアル研究の現状
2.情報科学を利用したバイオマテリアルの研究における課題
3.生体分子・細胞応答データのハイスループットな取得方法の現状
4.  生体分子・細胞の応答決定のメカニズム

本書のポイント
★今までの材料探索とはどう異なるのか?
何ができるのか?どうやればできるのか?
豊富な視点、豊富な具体的事例を網羅し活用のヒントを提示!

★機械学習、ベイズ最適化、スパースモデリング、
第一原理計算やシミュレーション技術等
基盤となるデータ科学、計算化学の基礎知識をしっかり理解

★記述子の選択法は?各種スクリーニング技術は?データベースの種類は?
材料開発にデータ科学を活用する場合の具体的内容も幅広く網羅

★国内外の研究の進展状況は?今後の材料開発研究に必須の最新動向を掲載
特許戦略等今まで触れられなかったビジネス展開にも言及!
新潮流をしっかり把握しよう!

★注目のリチウムイオン電池材料への応用から半導体、電子部品、高分子、
バイオマテリアル、医薬品など有機無機それぞれの材料探索への応用事例を
幅広く掲載