[解説記事] AIでバイオマテリアルの設計

情報科学を用いて生体材料を設計するという技術に関して、解説記事を執筆致しました。 林智広, AIでバイオマテリアルの設計. 工業材料 (日刊工業新聞社) 2021,  (8月号). (7月15日発売) 日刊工業新聞社 工業材料

[paper accepted] Bioinert monolayers of dendritic molecules

Collaboration with Prof. Motomu Tanaka@Heidelberg University. Dendronized Oligoethylene Glycols with Posphonate Tweezers for Cell-Repellent Coating of Oxide Surfaces: Coarse-Scale and Nanoscopic Interfacial Forces. J. Czajor, W. Abuillan, D.-V. Nguyen, C. Heidebrecht, E. A. Mondarte, O. Konovalov, T. Hayashi, D. Felder-Flesch, S. Kaufmann,M. Tanaka. RSC Advances 2021. 

[受賞] 2020年度 工学教育賞受賞

林が2020年度 工学教育賞を受賞致しました。「異分野融合型PBLを基軸とするアントレプレナー人材育成プログラム」の業績で、PEECsの他の担当教員との共同受賞となりました。 日本工学教育協会 特別専門学習プログラム「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」により日本工学教育協会の第25回工学教育賞(業績部門)を受賞 山本直之、八木 透、林 智広、小倉俊一郎、中村信大、秦 猛志、那須 聖、倉科佑太、陳 馨玥のプログラム実施教員9名が、特別専門学習プログラム「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」において、日本工学教育協会より第25回工学教育賞(業績部門)を受賞しました。 ライフエンジニアリングコース、生命理工学、都市・環境学、イノベーション科学の各大学院コースの連携により設置された「実践型アントレプレナー人材育成プログラム」は、異なる専門分野の大学院生からなる混成チームで,現場ニーズを把握したデザイン×ものつくり教育として、医療機関・地域行政・民間企業と連携した教育を実施し、スタートアップ企業や既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成を行っています。 TH received “Engineering Education Award” from Japanese Society for Engineering Education (JSEE).

[Journal cover figure] Colloids Surf B Biointerfaces

Our graphical abstract for“Role of interfacial water in determining the interactions of proteins and cells with hydrated materials” M. Tanaka, S. Morita, and T. Hayashi, Colloids Surf B Biointerfaces, 198 (2021) 111449. is now the cover figure of the issue.

Alumni Party 2021

Under the state of emergency, we had a great alumni party on Zoom. There were a lot of updates, including job, marriage, babies, etc. In next year, we have this 19th Mar 2022 13:00PM (JST).