Category: conference

第37回表面科学学術講演会で8件の発表をします

8/17-19の第37回表面科学学術講演会は,日本真空学会「第58回真空に関する連合講演会」との合同講演会(横浜市立大学金沢八景キャンパス)で口頭発表7件、ポスター発表1件の研究発表を行います。 研究室としてもここまでの同時発表は過去に例は無く、我々のバイオ界面解析に関する装置開発、分析、ビッグデータ解析等を含む、研究の全貌を研究コミュニティーに発信する予定です。 また、林は、合同シンポジウム「バイオ表面・界面,細胞,生体組織のオペランド計測」 を企画致しました。当日は座長を務めさせて頂きます。 表面「ソフトマタ―」セッション 3Ep05S コロイドプローブ原子間力顕微鏡法による DNA 平滑末端間での特異的な疎水性引力の直接測定 (1)東工大物質理工,2)信州大総合工学,3)理研) ○関根泰斗 1),金山直樹 2),尾笹一成 3),丹生隆 1),林智広 1),前田瑞夫 3) 3Ep09S Molecular-level understanding of the mechanisms underlying bioinertness of oligo(ethylene glycol)-terminated alkanethiolate monolayers: Surface force and vibrational spectroscopic analyses (1)東工大,2)山形大,3)大阪電通大,4)九大,5)RIKEN) ○AsatyasSyifa1),関根泰斗 1),佐藤千香子 2),森田成昭 3),田中賢 2),4),林 智広 1),5) 3Ep10S Analysis of Correlation between Physicochemical Properties of Self-Assembled Monolayers (SAMs) and Molecular Structures of SAMs Using Artificial Neural Network (1)東工大)○クアリアルドルフジェイソン 1),林智広 1) 3Ep11S Interactions of amino acids with gold surfaces analyzed by surface-enhanced infrared absorption spectroscopy  (1)Tokyo Institute of Technology)○Lkhamsuren Ganchimeg1),HayashiTomohiro1) 3Ep12S 振幅変調型原子間力顕微鏡法による分子認識部位のナノスケール分解能イメージング (1)東工大,2)理研)○前川達洋 1),丹生隆 1),SUTHIWANICHKasinan1),林智広 1),2) 3Ep13S ナノメートルスケール空間に挟まれた水の動力学的応答 (1)東工大,2)理研)○丹生隆 1),SUTHIWANICHKasinan1),林智広 1),2) 3Ep14S Nanoscale Characterization of Phase-Separated Polymer Thin Film with Static and Dynamic Atomic Force Microscopies…

Read the full article

Syifa and Makoto have presentations@MANA international Symposium

1. Asatyas, S., Sekine, T., Morita, S., Hayashi, T.: “Effect of molecular packing density on bioinertness of self-assembled monolayers of methoxy-tri(ethylene-glycol)-terminated alkanethiols”, MANA International Symposium 2017, エポカルつくば (2017年3月1日). 2. Hirohara, M., Maekawa, T., Mizushita, Y., Nyu, T., Sekine, T., Hayashi, T.: “Identification of adsorbed proteins on self-assembled monolayers from serum using MALDI-ToF-MS”, MANA International Symposium 2017, エポカルつくば (2017年3月1日).

Presentation@CSJ (日本化学会)

Taito (Sekine) will give a talk@日本化学会 Sekine, T., Kanayama, N., Ozasa, K., Nyu, T., Hayashi, T., Maeda, M.: “Direct measurement of blunt end stacking between DNA molecules by atomic force microscopy”, 日本化学会 第97春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス (2017年3月18日).

日本化学会(第97春季年会)で発表致します。

関根君が日本化学会で発表致します。林研究室から初めての(!)日本化学会での発表です 講演番号 :3B4-08 分類   :【14C5】コロイド・界面化学->組織化膜->バイオインターフェース 講演日時 :2017年03月18日 10:10〜10:30(PC接続時間:10:00〜10:10) 会場   :B4会場(第4校舎(A棟) J444教室) 講演者  :○SEKINE, Taito; KANAYAMA, Naoki; OZASA, Kazunari; NYU, Takashi; HAYASHI, Tomohiro; MAEDA, Mizuo 研究場所 :Sch. Mater. & Chem. Tech., Tokyo Tech. 演題   :Direct measurement of blunt end stacking between DNA molecules by atomic force microscopy

2 invited talks@第26回日本MRS年次大会

TH has two invited talks@第26回日本MRS年次大会 1 “On-chip proteomic analysis: investigation of scaffold proteins and correlation with cell behavior” Makoto Hirohara, Tatsuhiro Maekawa, Takashi Nyu, and Tomohiro Hayashi, 第26回日本MRS年次大会, 2016年12/20, 横浜文化会館. 2 “Correlation between Physicochemical Properties of Self-Assembled Monolayers and Protein Adsorption Analyzed with Artificial Neural Network” Rudolf Jason Kwaria and Tomohiro Hayashi, 第26回日本MRS年次大会, 2016年12/19, 横浜文化会館.

Invited talk@ICNME 2016

TH will give an invited talk@ICNME 2016  “Molecular recognition imaging at nanoscales” T. Nyu, T. Maekawa, K. Suthiwanich, and T. Hayashi 12th International Conference on Nano-Molecular Electronics (ICNME 2016), 2016年12月14日, 神戸国際会議場. http://www.icnme2016.org/  

Taito Sekine will give a poster presentation@ICBS2016

Surface force and vibrational spectroscopic analyses about interfacial water of oligo(ethylene glycol)-terminated monolayers: To understand mechanisms underlying “bioinertness”. Sekine, T.; Asatyas, S.; Morita, S.; Tanaka, M.; Hayashi, T. 3rd International Conference on Biomaterials Science (ICBS2016): University of Tokyo, 2016.

バイオマテリアル学会の公開シンポジウムで発表します

日本バイオマテリアル学会 シンポジウム 2016 (福岡国際会議場) 11月21日 14:30-16:00 【公募シンポジウム 4】 バイオ界面水の理解とバイオマテリアル設計指針の創出1B-S4-1 座長:田中 賢(九州大学先導物質化学研究所) 松田直樹(産業技術総合研究所) 1B-S4-2 表面科学の手法を用いたバイオ界面の研究:界面の分子の振る舞いから階層的界面の解析へ 東京工業大学物質理工学院  ○ 林 智広